Skip to Main Content

ボアザン弁護士は、雇用訴訟のエキスパートとしてあらゆる局面における雇用問題を取り扱ってきた。賃金や労働時間に関する違反、従業員の給付金、企業秘密または競業避止義務契約に関する紛争、差別やハラスメントに基づく申し立てなど、幅広い分野で雇用主を代理している。特に専門分野として、懲戒処分・解雇、人員削減、制限条件、報酬・福利厚生、賃金・時間給制度および障害を持つアメリカ人法(ADA)、雇用における年齢差別禁止法(ADEA)、家族介護および医療休暇法(FMLA)、公正労働基準法(FLSA)、タイトル・セブンなど連邦・州における雇用法の遵守を取り扱い、雇用主が日常業務で直面する雇用関連問題についてアドバイスする。

続きを読む

クライアントの目標達成に向けて、法律および実務の両観点を踏まえた最善のアドバイスに努めている。当事務所入所前は、全国に拠点を持つ大手法律事務所で雇用グループのシニア・アソシエイトを務めていた。

取扱分野

学歴

  • 北イリノイ大学ロー・スクール卒業, (2015年J.D.取得)
  • インディアナ大学卒業, (コミュニケーションおよび社会学専攻、2012年B.A.取得)

弁護士資格

  • イリノイ州弁護士資格
  • ミシガン州弁護士資格
  • 連邦地方裁判所イリノイ州中部地区活動資格
  • 連邦地方裁判所イリノイ州北部地区活動資格
  • 連邦地方裁判所イリノイ州南部地区活動資格
  • 連邦地方裁判所インディアナ州北部地区活動資格
.
主な取扱案件
会員・役職

会員・役職

アメリカ法曹協会
執筆・講演等
著書・論文
イリノイ州バイオメトリック情報プライバシー保護法(BIPA)の改正-雇用主の損害賠償責任を軽減
Executive Summary On May 16, 2024, the Illinois House of Representatives approved Senate Bill 2979 (the “Bill”), which amends the…
米国労働省の最終規則、エグゼンプト従業員の俸給水準要件を大幅に引き上げ
Executive Summary On April 23, 2024, the United States Department of Labor released its final rule to increase the minimum salary…
連邦取引委員会(FTC)、 競業避止契約を禁止する最終規則を発行
2024年4月23日、連邦取引委員会(FTC)は、全国的に競業避止契約を禁止する広範な最終規則を3対2の議決により採択しました。賛否が分かれる本競業避止契約の禁止は、FTCが最初にその規則案を発行し、結果的に26,000件以上のパブリックコメントが寄せられた最初の規則案が公表され…
米国労働省は独立請負人/従業員の地位を区別するための最終規則を発表
概要 2024年1月9日、米国労働省(United States Department of Labor、以下「DOL」といいます。)は、連邦法の下で、どのような場合に、事業主が労働者を、従業員 (Employee)ではなく、独立請負人 (Independent…
【最新版】シカゴ市の新条例、従業員の有給休暇を大幅に増加
Executive Summary On November 9, 2023, the Chicago City Council passed the new Chicago Paid Leave and Paid Sick Leave Ordinance (the…
米国労働省がホワイトカラー・エグゼンプション制度の利用における 俸給水準要件の大幅な引き上げを提案
概要 2023年8月30日、米国労働省(United States Department of Labor)(以下「DOL」といいます。)は、公正労働基準法(Fair Labor Standards…
シカゴ市の新条例、従業員の有給休暇を大幅に増加
Executive Summary On November 9, 2023, the Chicago City Council passed the new Chicago Paid Leave and Paid Sick Leave Ordinance (the…
【雇用法フラッシュニュース 】カリフォルニア州は競業避止義務の禁止を強化および拡大
概要 ・ 2023年9月1日、カリフォルニア州ギャビン・ニューサム知事の下、上院法案第699号 (SB699)…
【雇用法フラッシュニュース 】 イリノイ州日雇い・派遣労働サービス法の改定により労働者の保護を強化
2023年8月4日、J. B. プリツカー州知事は、日雇い・派遣労働サービス法(Day and Temporary Labor Services Act) の重大な改正に署名し、同法は即時に発効されました。同月7日、イリノイ労働局 (Illinois Department…
連邦最高裁、宗教的配慮に関する判断基準を引き上げる。実質的なコストの増加を証明せずに従業員の宗教的配慮に関する要請を拒否すれば、違法とみなされる可能性大。
概要 ・2023年6月29日、従業員が雇用主に対して行う宗教上の理由に基づく配慮(accommodation)(以下、「宗教的配慮」といいます。)の要請について、連邦最高裁判所は、雇用主が、かかる配慮を行うことで雇用主に過度の負担(undue…
【イリノイ州】求人広告における給与水準の開示義務化-2025年1月から施行
Executive Summary On August 11, 2023, Illinois Governor J.B. Pritzker signed a new law that amends the Illinois Equal Pay Act…
ニューヨーク州、「競業避止義務」を禁止へ
Executive Summary On June 20, 2023, the New York State Assembly passed A1278B (the “Bill”), which would prohibit employers from…
連邦労働関係委員会(NLRB)は、再び、独立請負人の基準を変更する
Executive Summary On June 13, 2023, the National Labor Relations Board (“NLRB” or the “Board”) issued its long-awaited decision in…
イリノイ州最高裁判所の判決により、イリノイ州バイオメトリック情報プライバシー保護法(BIPA)に違反した企業が甚大な損害賠償請求の対象となる可能性
Executive Summary On Friday, the Illinois Supreme Court held in Cothron v. White Castle Systems, Inc. that a separate claim for damages…
労働安全衛生局(OSHA)の新ガイダンス、雇用主に対する罰則を厳格化
Executive Summary On January 26, 2023, The U.S. Department of Labor (“DOL”) announced new enforcement guidance changes that will…
【雇用法フラッシュニュース】イリノイ州、理由の如何に関わらず従業員に有給休暇を提供することを民間企業に義務付け
On January 10, 2023, the Illinois Legislature passed the Paid Leave for All Workers Act (“PLFAW Act” or the “Act”) which, once signed by…
【更新版】米国労働省、従業員と独立請負人の分類基準を改正するための規則案を発表
Executive Summary UPDATE: On October 25, 2022, the U.S. Department of Labor extended the original 45 day comment period for this proposed…
米国労働省、従業員と独立請負人の分類基準を改正するための規則案を発表
Executive Summary On October 11, 2022, the U.S. Department of Labor (“DOL”) issued a proposed rule to revise the current test for…
イベント
米国雇用法ウェビナー<無料>「機密情報・営業秘密の保護 - 雇用主のためのベストプラクティス」(使用言語:英語)
5.11.23
Kevin Borozan Confidential information is a valuable business asset and protecting your company’s confidential information should…
米国雇用法ウェビナー<無料>「独立請負人(Independent Contractor)とは?」(使用言語:英語)
12.15.22
Frank Del Barto Federal and State agencies continue to focus on the improper classification of employees as independent…
ニュース
増田・舟井が、2024年移民法セミナーを主催しました。
Masuda, Funai, Eifert & Mitchell, Ltd. hosted its annual Immigration Seminar on Thursday, February 29, 2024, at the DoubleTree Hotel in…
増田・舟井が、2023年度雇用・労働法セミナーを主催しました。
On September 21, 2023, Masuda Funai held its Annual Employment Seminar at the DoubleTree by Hilton in Arlington Heights, IL. This…
増田・舟井が、デトロイト日本商工会(JBSD)とミシガン州ノバイ市で知的財産セミナーを共催しました。
Masuda, Funai, Eifert & Mitchell, Ltd. hosted the 2022 Intellectual Property seminar on October 20, 2022 in Novi, MI. An English session…
受賞歴